コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙立 みょうりゅう

1件 の用語解説(妙立の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

妙立 みょうりゅう

1637-1690 江戸時代前期の僧。
寛永14年生まれ。禅宗をおさめ,のち天台三大部を研究し天台宗に転じる。比叡(ひえい)山の大乗戒にかわって南山の戒律を主張したため,異義者として追放された。没後,弟子の霊空により比叡山安楽律院中興の祖とされた。元禄(げんろく)3年7月3日死去。54歳。美作(みまさか)(岡山県)出身。俗姓は和田。法名は慈山。号は唯忍子。著作に「大乗止観頌註」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

妙立の関連キーワードマストリリ光の科学史高齢者はわが国の含み資産大矢野原演習場島原の乱月桂冠駒ヶ岳ジョンソン津田助広天工開物

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

妙立の関連情報