妙達(読み)みょうたつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

妙達 みょうたつ

?-? 平安時代中期の僧。
法華(ほけ)経の行者で,出羽(でわ)鶴岡(山形県)竜華(りゅうげ)寺(善宝寺の前身)の開山(かいさん)。「今昔物語集」などにみえる説話によれば,天暦(てんりゃく)9年(955)に急死閻魔(えんま)王から勧善誡悪によって衆生をすくうことをすすめられ,7日後に蘇生(そせい)したという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android