コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妻良 めら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妻良
めら

静岡県東部,伊豆半島南端,南伊豆町の集落。『吾妻鏡』に妻良の津として出てくる古い港で,1km離れた北湾の子浦とともに妻良子浦と呼ばれる。江戸時代には大坂-江戸廻船の風待ち港の1つに利用された。年中無霜の温暖な地で花卉栽培や沿岸採取漁業が行われる。民宿が増加し,夏は海水浴客でにぎわう。一帯は名勝伊豆西南海岸で,富士箱根伊豆国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

妻良
めら

静岡県賀茂(かも)郡南伊豆町の妻良湾南岸の一地区。妻良港は天然の良港で、江戸時代避難港として多くの船宿などでにぎわった。現在は大謀(だいぼう)網という独特の定置網漁業が盛ん。山地の斜面ではマーガレットなどの露地栽培が行われる。国道136号が通じる。「妻良のぼんおどり」は県指定無形民俗文化財。[川崎文昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

妻良の関連キーワード大妻 コタカ南伊豆(町)南伊豆[町]番付