コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姿見(読み)スガタミ

大辞林 第三版の解説

すがたみ【姿見】

全身を写して見ることができる大形の鏡。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

姿見
すがたみ

身なりを整えるために全身を映す大形の鏡。18世紀後期にフランスで創案され、19世紀に各国で流行したもので、長方形、楕円(だえん)形の鏡を回転軸で2本の支柱に取り付けたものである。日本には明治期に入ってきたが、最初はもの珍しさから室内装飾品として使われていた。大正時代に鏡台を兼ねた姿見が創案されるが、そのほか和服の着付用に、縦に長い足元まで映る専用の姿見もつくられ、現在に至っている。[小泉和子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の姿見の言及

【鏡】より

…また鏡は魔よけのために用いられ,道壇の四方と中央とに鏡を置いて道教儀礼が行われたりするなど,道教と鏡との結びつきはとくに密接である。【小南 一郎】
[日本]
 鏡は,日本神話では単に姿見の具としてだけでなく,とくに貴重な品物となっており,すでに五部神のうちに鏡作の祖石凝姥(いしこりどめ)命が数えられているのは,それを物語るものである。また人の映った影はその人の霊魂であるとし,霊魂と自分と自意識とをいっしょにして区別しない。…

※「姿見」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

姿見の関連情報