コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

娑羅/沙羅 サラ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

娑羅 (シャラ)

植物。ツバキ科の落葉高木,園芸植物。ナツツバキの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の娑羅/沙羅の言及

【サラソウジュ(沙羅双樹)】より

…原産地のインドではサルsal,その漢名を沙羅といい,釈迦がクシナガラで涅槃(ねはん)に入ったとき,その四方にこの木が2本ずつ生えていたという伝説から,沙羅双樹という。沙羅は娑羅とも書き,サンスクリット語シャーラśalaの音写で,堅固樹の意である。またサラノキ(シャラノキ,娑羅樹)ともいう。…

※「娑羅/沙羅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

娑羅/沙羅の関連キーワードサラソウジュ(沙羅双樹)娑羅双樹・沙羅双樹アジャータシャトル娑羅樹・沙羅樹ラージャグリハビンビサーラ当麻曼荼羅佐々木高氏山田風太郎クシナガラ娑羅・沙羅娑羅双樹退凡下乗盛者必衰竹林精舎善財童子娑羅の樹土岐頼遠法文歌菩提樹

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android