コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

娑羅双樹 サラソウジュ

3件 の用語解説(娑羅双樹の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さら‐そうじゅ〔‐サウジユ〕【×娑羅双樹】

フタバガキ科の常緑高木。高さ約30メートルに及び、葉は光沢のある大きな卵形。花は淡黄色で小さい。材は堅く、建築・器具用。樹脂は瀝青(れきせい)チャン)の代用となり、種子から油をとる。インドの原産。さらのき。さらじゅ。しゃらそうじゅ。
釈迦がインドのクシナガラ城外のバッダイ河畔で涅槃(ねはん)に入った時、四方にあったという同根の2本ずつの娑羅樹。入滅の際には、一双につき1本ずつ枯れたという。しゃらそうじゅ。
ナツツバキの俗称。

しゃら‐そうじゅ〔‐サウジユ〕【×娑羅双樹】

さらそうじゅ(娑羅双樹)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

娑羅双樹の関連情報