娑羅双樹(読み)サラソウジュ

デジタル大辞泉の解説

さら‐そうじゅ〔‐サウジユ〕【×娑羅双樹】

フタバガキ科の常緑高木。高さ約30メートルに及び、葉は光沢のある大きな卵形。花は淡黄色で小さい。材は堅く、建築・器具用。樹脂は瀝青(れきせい)(チャン)の代用となり、種子から油をとる。インドの原産。さらのき。さらじゅ。しゃらそうじゅ。
釈迦がインドのクシナガラ城外のバッダイ河畔で涅槃(ねはん)に入った時、四方にあったという同根の2本ずつの娑羅樹。入滅の際には、一双につき1本ずつ枯れたという。しゃらそうじゅ。
ナツツバキの俗称。

しゃら‐そうじゅ〔‐サウジユ〕【×娑羅双樹】

さらそうじゅ(娑羅双樹)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

娑羅双樹 (サラソウジュ)

植物。インド原産の常緑大高木

娑羅双樹 (サラソウジュ・シャラソウジュ)

植物。ツバキ科の落葉高木,園芸植物。ナツツバキの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さら‐そうじゅ ‥サウジュ【娑羅双樹】

〘名〙 (śāla から)
フタバガキ科の常緑高木。インド北部原産で、日本では温室で栽培される。幹は高さ三〇メートルに達する。葉は互生し有柄の卵状楕円形で先はとがり長さ一五~二五センチメートル。葉柄の基部には托葉がある。葉腋(ようえき)に径約二センチメートルの淡黄色の五弁花を円錐状に多数集めてつける。果実には長さ五センチメートルぐらいの、萼が生長した翼が五枚ある。材は堅く、くさりにくく、インドの代表的有用材で、建築材、枕木、橋梁、カヌーなどに用いる。樹脂はサール‐ダンマーといい、ワニスや硬膏の原料になる。釈迦が入滅した場所の四方に、この木が二本ずつ植えられていたという伝説からこの名がある。しゃらそうじゅ。さらのき。さらじゅ。さら。しゃら。しゃらじゅ。
※俳諧・毛吹草(1638)五「雪仏きゆる林やさら双樹〈元次〉」
植物なつつばき(夏椿)」の異名。〔日光山志(1825)〕
[補注]「栄花」「平家」「平治」などでは「しゃらさうじゅ」とよんでいる。

しゃら‐そうじゅ ‥サウジュ【娑羅双樹】

※栄花(1028‐92頃)音楽「娑羅双樹(シャらサウジュ)の涅槃の夕までのかたを書き現させ給へり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android