コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

娘子関 ジョウシカン

百科事典マイペディアの解説

娘子関【じょうしかん】

〈ろうしかん〉とも読む。中国,山西・河北省境をなす関門石家荘の西55km。石太鉄路がここを通って華北平原から山西山地に入っている。古くは軍事上の要衝であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

じょうしかん【娘子関】

中国、山西省と河北省の境、石家荘の西方にある関門。太行山脈を越える要地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の娘子関の言及

【山西[省]】より

…(2)晋東山地 おもに東部と南東部にわたり,太行山脈を中心として北東から南西へ恒山,五台山,繫舟(けいしゆう)山,太岳山,中条山の諸山脈が走っている。すべて標高1500m以上で,山間に長治,平定,晋城,寿陽等の盆地が散在し,太行山脈中には娘子関(じようしかん),天井関(てんせいかん)(太行関)など,山西高原から華北平原に通ずる重要な峠道がある。北の内長城線には雁門関(がんもんかん),平型関等の要害があり,とくに雁門関の南北では気候と農作物に大差がみられる。…

※「娘子関」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

娘子関の関連キーワードシーチヤチョワン(石家荘)特別市娘子関(じょうしかん)娘子関(ろうしかん)タイハン(太行)山脈ユイツー(楡次)市ニャンツーコワンチンシン県小磯 良平太行山脈小磯良平陽泉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android