太行山脈(読み)タイコウサンミャク

百科事典マイペディアの解説

太行山脈【たいこうさんみゃく】

中国,山西省晋城県南方の太行山を中心に北東〜南西に約400km延びる山脈で,山西省と河北・河南両省の境界をなし,張家口付近で大興安嶺興安嶺)に連なる。平均標高1000m内外で,最高峰は陽曲山(2059m)。東側は大規模な断層崖をなし,山麓に多くの扇状地をつくって華北平原に臨む。
→関連項目華北平原【けい】台平定

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいこうさんみゃく【太行山脈 Tài háng shān mài】

中国の山西・河北の省境にある山脈。北東から南西にのび,山西・河南の省境に達する。平均標高1000~1500m。西の山西高原部と東の河北平原部をわかつ。滹沱(こだ)河や沁(しん)河など黄河や海河の支流が山脈を横ぎり,古来,〈太行八陘〉とよばれる井陘(せいけい)や軍都陘などの天然の隘道が通り,平型関,娘子関などの関があり,天険の関として〈第二の長城〉と称せられた。東麓には安陽殷墟平山の中山国都跡などがあり,抗日戦争期には革命根拠地の一つとなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太行山脈
たいこうさんみゃく / タイハンシャン

中国、華北平原と山西高原の境を南北に走る山脈。北は河北省北西部の燕山(えんざん)山地より発し、南西走して山西省北部に至る恒山(こうざん)、五台山を分岐し、南は黄河北岸に至る。古生代以前の古い地層からなり、開析はよく進んでいる。一般に北のほうが高度が高く、また西に緩く東に急な傾動性の地形をもつ。標高は1000~2000メートルと高くはないが、東側が急峻(きゅうしゅん)な断層崖(だんそうがい)をなし、東シナ海からの季節風を遮るなど、気候上、中国北部に与える影響力は大きい。歴史的にも、都のある華北平原の西の障壁として東西を区分する役割を果たし、第二の長城とみなされる一方、山脈を横断する河川や峠道は東西交通の関門となった。これらの峠道のなかで、井陘(せいけい)、飛狐(ひこ)などの八路は太行八陘(たいこうはっけい)とよばれ、古来有名である。また東西の山麓(さんろく)は、石炭、鉄鉱、硫黄(いおう)など鉱物資源の宝庫である。

[秋山元秀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たいこう‐さんみゃく タイカウ‥【太行山脈】

中国の山西省の東境に沿って南北に走る山脈。西側は山西台地にゆるく連なり、東側は断層崖となって河北平原に続く。娘子関(じょうしかん)など多くの関門がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

太行山脈
たいこうさんみゃく
Tàiháng Shānmài

中国華北,黄土高原の東縁を南北に連なる山脈
海抜1000m前後で,各所があり,河川もこの山脈を貫流する。石炭産地として早くから知られ,宋代には開封に炭煤務が置かれた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の太行山脈の言及

【河北[省]】より

…中国最古の地理書〈禹貢〉(《書経》の中の一編)では,九州のうち冀(き)・兗(えん)2州に属するが,大部分は冀州の地域だったので,今も冀省と呼ばれることがある。
[自然]
 南東に開けた平たんな河北平原では,西に太行山脈,北に燕山山脈があるので,河流はだいたいに西から東への方向をとって渤海湾に注ぐ。この平原は黄河(かつては本省の南部を通って渤海湾に注いでいたことがある),海河,灤河(らんが)などによってつくられた沖積地で,大部分は標高50m以下である。…

※「太行山脈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報