コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子どものチック こどものちっくTic

翻訳|Tic

家庭医学館の解説

こどものちっく【子どものチック Tic】

[どんな病気か]
 チックとは筋肉の不随意(ふずいい)的、突発的、反復性の急速な運動や発声です。
 まばたき、くび曲げ、肩すくめ、顔しかめなどを単純性運動性(たんじゅんせいうんどうせい)チック、咳払(せきばら)い、鼻をくんくんさせる、叫ぶなどを単純性音声(たんじゅんせいおんせい)チックといいます。身なりを正す動作、自分をたたいたりかみついたりする、足を踏みならす、物のにおいを嗅(か)ぐなどの複雑性運動性(ふくざつせいうんどうせい)チック、状況に合わない単語のくり返し、汚言(しばしばわいせつな語)などの複雑性音声(ふくざつせいおんせい)チックもあります。男女比は2対1から3対1の割合で男児に多く、5、6歳ころに始まることが多くあります。チックは数週間から1年程度で自然に消退するタイプと、1年以上持続して長い経過をたどると、癖(くせ)のようになっていくタイプがあります。
 トゥレット障害(しょうがい)(複数の運動性チックと1つ以上の音声チックがみられるもの)では、1年以上にわたりほとんど毎日、1日に何度も症状が出ます。
[原因]
 チックには、体質的な要因が強く関与していると考えられています。チックの体質をもった子どもに、環境の変化(転居、転校、両親の離別など)への適応困難な状況や、不安・不満・緊張を抑えるといったストレスがかかるときに症状が出るものと考えられます。
 しかし、トゥレット障害などのように症状が複雑で長引く場合は、環境の要因によらず、脳内のなんらかの変化の要因が強いと考えられます。
[治療]
 チックの症状を指摘したり、注意したり、やめさせようとしたりせず、子どものストレスになっている状況をみきわめ、不安や緊張を軽くするように努めます。
 症状が激しい場合は、薬物療法や遊戯療法(ゆうぎりょうほう)などが必要になります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

子どものチックの関連キーワード漢方の食事で元気になる精神療法のいろいろ心身症

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android