コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子どもの急性気管支炎 こどものきゅうせいきかんしえん Acute Bronchitis of the Child

1件 の用語解説(子どもの急性気管支炎の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

こどものきゅうせいきかんしえん【子どもの急性気管支炎 Acute Bronchitis of the Child】

[どんな病気か]
 気管支炎(きかんしえん)とは、気管支の部分だけの炎症を意味します。気管支炎という病名はよく使われますが、実際には、子どもでは、気管支の炎症だけということは、ほとんどないと考えられています。たいていは、鼻炎(びえん)、咽頭炎(いんとうえん)、喉頭炎(こうとうえん)などをともなっているものです。
 しかし、気管支炎の症状がおもに現われることが多いので、気管支炎と呼ばれます。また、ぜんそく様気管支炎(ようきかんしえん)のように、ぜんそくとともにおこる場合もあります。
 急性気管支炎は、急性で一過性の炎症が気管支粘膜におこるものです。
[症状]
 多くの場合、ウイルス感染によるかぜの症状で始まります。ときには、それに細菌の感染が加わります。
 最初は、乾いたようなせきが出て、胸が痛くなったりします。ひどいせきになって、吐(は)いたり、息が速くなってゼイゼイいう場合があります。
 数日後には、せきは黄色いたんをともなってきます。5~10日たつと、せきは徐々に少なくなります。熱は、出る場合と、出ない場合があります。
 聴診をすると、最初は気管支炎の典型的な音は聞こえません。日がたつにつれてラ音(肺の副雑音)という音や、ヒューというぜんそくのような音が聞こえるようになります。
 X線写真をとっても肺炎のような影はみられません。
[治療]
 特別な治療法はなく、自然に治っていくものがほとんどです。空気を加湿すると少しは楽になるようです。
 あまりにも、せきがひどければ、せき止めや気管支拡張薬を飲むと、少しは楽になる場合もあります。抗ヒスタミン薬は、たんを硬くし排出しにくくするので、飲むべきではありません。
 抗生物質は、血液検査などで細菌感染の徴候が出ていれば使います。
 気管支炎と似た症状をくり返すようなら、ぜんそく、気管支内の異物、結核、免疫力が弱いこと、などが原因である可能性も考えなければなりません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

子どもの急性気管支炎の関連キーワード気管支気管支炎気管支拡張症気管支喘息気管支肺炎公害病気管支鏡細気管支炎慢性気管支炎気管支炎 (bronchitis)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone