コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子どもの急性気管支炎 こどものきゅうせいきかんしえんAcute Bronchitis of the Child

家庭医学館の解説

こどものきゅうせいきかんしえん【子どもの急性気管支炎 Acute Bronchitis of the Child】

[どんな病気か]
 気管支炎(きかんしえん)とは、気管支の部分だけの炎症を意味します。気管支炎という病名はよく使われますが、実際には、子どもでは、気管支の炎症だけということは、ほとんどないと考えられています。たいていは、鼻炎(びえん)、咽頭炎(いんとうえん)、喉頭炎(こうとうえん)などをともなっているものです。
 しかし、気管支炎の症状がおもに現われることが多いので、気管支炎と呼ばれます。また、ぜんそく様気管支炎(ようきかんしえん)のように、ぜんそくとともにおこる場合もあります。
 急性気管支炎は、急性で一過性の炎症が気管支粘膜におこるものです。
[症状]
 多くの場合、ウイルス感染によるかぜの症状で始まります。ときには、それに細菌の感染が加わります。
 最初は、乾いたようなせきが出て、胸が痛くなったりします。ひどいせきになって、吐(は)いたり、息が速くなってゼイゼイいう場合があります。
 数日後には、せきは黄色いたんをともなってきます。5~10日たつと、せきは徐々に少なくなります。熱は、出る場合と、出ない場合があります。
 聴診をすると、最初は気管支炎の典型的な音は聞こえません。日がたつにつれてラ音(肺の副雑音)という音や、ヒューというぜんそくのような音が聞こえるようになります。
 X線写真をとっても肺炎のような影はみられません。
[治療]
 特別な治療法はなく、自然に治っていくものがほとんどです。空気を加湿すると少しは楽になるようです。
 あまりにも、せきがひどければ、せき止めや気管支拡張薬を飲むと、少しは楽になる場合もあります。抗ヒスタミン薬は、たんを硬くし排出しにくくするので、飲むべきではありません。
 抗生物質は、血液検査などで細菌感染の徴候が出ていれば使います。
 気管支炎と似た症状をくり返すようなら、ぜんそく、気管支内の異物、結核、免疫力が弱いこと、などが原因である可能性も考えなければなりません。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android