コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子供屋 コドモヤ

デジタル大辞泉の解説

こども‐や【子供屋】

江戸時代、男色を売る歌舞伎子を置いていた家。陰間(かげま)茶屋。子供茶屋子供宿
「―の親方ども申し合はして日を定め」〈浮・禁短気・二〉
主に江戸深川で、遊女を抱え置いた家。遊女の置屋
「―から茶屋へ、あの客へは出されぬ、なぞと言って」〈洒・古契三娼〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こどもや【子供屋】

江戸時代、「子供」に男色を売らせた家。子供茶屋。子供宿。
江戸深川の遊里で、女郎の置屋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の子供屋の言及

【陰間】より

…彼らの年齢は10~17歳が中心で,はじめは小姓風の扮装であったが,のちには髪を島田髷(しまだまげ)に結い,大振袖を着,言語や動作も女性的にした。その売色の場を提供する家を陰間茶屋と呼び,陰間を抱えている家を子供屋といった。江戸の陰間茶屋は,芳町,木挽町,湯島,芝神明などに集中していたが,前2者は芝居町に近く,後2者は寛永寺,増上寺に近く僧侶たちを客にしたからだといわれる。…

※「子供屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

子供屋の関連キーワード江戸時代女郎遊里男色

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android