尚書(読み)しょうしょ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐しょ〔シヤウ‐〕【尚書】

《古くは「じょうじょ」とも》
弁官唐名
中国の官名。秦(しん)代に設置され、初めは天子文書授受をつかさどる小官だったが、しだいに地位が上がり、代~代には六部長官となった。

しょうしょ【尚書】[書名]

《尚(とうと)ぶべき書の意から》書経(しょきょう)異称。漢以降、宋代まで用いられた呼称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうしょ【尚書】

〔古くは「じょうじょ」とも〕
「書経」の別名。
弁官べんかんの唐名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐しょ シャウ‥【尚書】

(古くは「じょうじょ」とも)
[1] 〘名〙
① 太政官の弁官の唐名。
※続日本紀‐大宝元年(701)一月丁酉「以守民部尚書直大弐粟田朝臣真人、為遣唐執節使
※金刀比羅本保元(1220頃か)上「尚書(ジャウジョ)は又天下望也」
② 後宮の女官の官名。書(ふみ)の司(つかさ)の長官。ふみのかみ。
③ 中国、秦代、少府から遣わされて、殿中にあって文書を発することをつかさどった官。漢代には尚書令が置かれて国政の枢機に参与し、のちに行政官庁として発展した。
※今昔(1120頃か)九「震旦に民部の尚書として武昌公載の索冑と云ふ人有けり」 〔宋書‐百官志・上〕
[2] 「書経」の別名。漢以後宋までの呼称。書名の由来として諸説あるが、上古の尚ぶべき書の意。
※九暦(949)九暦抄「蔵人所尚書竟宴事」
※随筆・戴恩記(1644頃)下「歌は尚書の元━首股━肱よりはじまり、或は毛詩よりはじまり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の尚書の言及

【宰相】より

…また同じく前漢末に丞相が大司徒と改称された。後漢では大司馬が太尉に改称されたが,皇帝側近の尚書が丞相の職務を遂行するようになった。 魏・晋時代から丞相の名が復活し宰相として機能したが,後漢以来の,皇帝直属の秘書官室である尚書が政務遂行の中心になる傾向が推し進められ,それまでの三公が権力を失っていき,尚書の最高官の録尚書事が宰相の権力を掌握した。…

【六部】より

…吏部は文官の人事,戸部は財政,礼部は祭祀と教育,兵部は軍事と武官の人事,刑部は司法,工部は土木に関する政務をそれぞれ担当した。魏・晋以後,中央行政機関となってきた尚書省は,5曹ないし6曹の分曹をもち,それらの曹名にも変遷があったが,唐代にいたって吏,戸,礼,兵,刑,工の六部とした。《周礼(しゆらい)》の天,地,春,夏,秋,冬の六官に淵源をもつ各部の長官を尚書,次官を侍郎といい,これら六部をおのおの四司に分け,各司に郎中,員外郎,主事などの官を置いた。…

※「尚書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尚書の関連情報