五条橋(読み)ごじょうはし

精選版 日本国語大辞典の解説

ごじょう‐の‐はし ゴデウ‥【五条橋】

平安京の五条大路の東端から鴨川にかかる橋。天正一七年(一五八九)豊臣秀吉が大仏殿参道とするため六条坊門小路に移し、通りの名も五条橋通り、次いで五条通りと呼ばれるようになる。〔園太暦‐康永三年(1344)八月一五日〕

ごじょうばし ゴデウ‥【五条橋】

[二] 義太夫節鬼一法眼三略巻」の五段目の通称。
[三] 長唄。三宅豹隠作詞。一三世杵屋六左衛門作曲。明治三五年(一九〇二)ごろの成立。謡曲「橋弁慶」の歌詞をアレンジした三味線の活躍する大薩摩もの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の五条橋の言及

【橋姫】より

…橋のたもとに橋姫とか橋姫明神とかいって,橋の神霊がまつられることが多い。山城の宇治の橋姫や摂津の長柄(ながら)の橋姫は有名だが,京都の五条橋(今の松原橋)や近江の瀬田橋のたもとにも橋姫がまつられていた。橋姫は,宇治の橋姫のように,嫉妬深い鬼神とされる場合が多い。…

※「五条橋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五条橋の関連情報