季春(読み)きしゅん

精選版 日本国語大辞典「季春」の解説

き‐しゅん【季春】

〘名〙 (「」はすえの意) 春のすえ。晩春。暮春。陰暦では三月をいう。《季・春》
万葉(8C後)一九・四一五九・題詞「季春三月九日擬出挙之政於旧江村
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「季春(キシュン)下旬に筆を起して」 〔礼記‐月令〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android