コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孤剣 コケン

デジタル大辞泉の解説

こ‐けん【孤剣】

ひとふりの。また、1本の剣だけで、他の武器を持たないこと。
[補説]書名別項。→孤剣

こけん【孤剣】[書名]

藤沢周平による時代小説シリーズ「用心棒日月抄」の第2作。昭和53年(1978)から昭和55年(1980)、おもに「小説新潮」誌に断続的に連載。単行本は昭和55年(1980)に刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こけん【孤剣】

たった一本の剣。また、剣だけを身に帯びること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

孤剣の関連キーワード凶刃/用心棒日月抄刺客/用心棒日月抄徳永 保之助柴田 錬三郎中里 介山藤沢 周平西川光二郎4月19日日本社会党中里介山赤旗事件白柳秀湖宮田 暢堺利彦平民社大杉栄火鞭

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android