コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孤剣 コケン

デジタル大辞泉の解説

こ‐けん【孤剣】

ひとふりの。また、1本の剣だけで、他の武器を持たないこと。
[補説]書名別項。→孤剣

こけん【孤剣】[書名]

藤沢周平による時代小説シリーズ「用心棒日月抄」の第2作。昭和53年(1978)から昭和55年(1980)、おもに「小説新潮」誌に断続的に連載。単行本は昭和55年(1980)に刊行。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こけん【孤剣】

たった一本の剣。また、剣だけを身に帯びること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

孤剣の関連キーワード凶刃/用心棒日月抄刺客/用心棒日月抄徳永 保之助柴田 錬三郎中里 介山藤沢 周平西川光二郎4月19日日本社会党中里介山赤旗事件白柳秀湖宮田 暢堺利彦平民社大杉栄火鞭

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

孤剣の関連情報