コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陳子昂 ちんすごうChen Zi-ang

6件 の用語解説(陳子昂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陳子昂
ちんすごう
Chen Zi-ang

[生]竜朔1(661)
[没]長安2(702)
中国,初唐の詩人。梓州射洪 (四川省) の人。字,伯玉。大地主の家に生れ,若い頃は任侠を事としていたが,のち学問に励み,開燿2 (682) 年進士に及第。則天武后に認められ麟台正字,右拾遺を歴任,また万歳通天1 (696) 年から翌年にかけて武攸宜 (ぶゆうぎ) の参謀として契丹 (きったん) 討伐に加わったが,聖暦1 (698) 年辞して郷里に帰り老父に仕えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちん‐すごう〔‐スガウ〕【陳子昂】

[661~702]中国、初唐の詩人。射洪(しゃこう)(四川省)の人。字(あざな)は伯玉。則天武后に認められ、右拾遺に任ぜられたが、官を辞してのち、誣告(ぶこく)にあって獄死。詩では漢魏への復古を唱えた。詩の代表作は「修竹篇」「感遇」。著「陳伯玉文集」。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

陳子昂【ちんすごう】

中国,唐代の詩人。四川省の人。字は伯玉。富家の生れで18歳まで書を知らず,悔いて勉学した。南朝時代からの軟弱な詩風を退け,漢魏の気骨ある詩を提唱,〈感遇詩三十八首〉を作った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちんすごう【陳子昂 Chén Zǐ áng】

661‐702
中国,初唐の詩人。字は伯玉。梓州(ししゆう)(四川省)の人。則天武后の時,進士に合格したが官僚としては恵まれなかった。当時の詩壇を支配していた六朝風の技巧主義を排撃し,漢魏詩の気骨の復活を唱えて独自の作風を築き,唐詩の新生面を開く。その精神は李白・杜甫をはじめ盛唐の詩人たちに受け継がれる。代表作〈感遇詩三十八首〉は自己の感情を飾らずに表現した作品で,現実を鋭く見つめる。詩文集として《陳伯玉文集》10巻が伝わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちんすごう【陳子昂】

661~702) 中国、初唐の詩人。字あざなは伯玉。六朝以来の技巧的な詩風を批判し、漢・魏の素朴で堅実な詩風の復興を主張、李白りはく・杜甫とほらに大きな影響を与えた。代表作「感遇」「幽州の台に登る歌」など。「陳伯玉文集」がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陳子昂
ちんすごう
(661―702)

中国、初唐の詩人。梓州射洪(ししゅうしゃこう)(四川(しせん)省射洪県)の人。字(あざな)は伯玉。富豪の家に生まれ、少年時代は任侠(にんきょう)の気風を愛したが、18歳ごろより学問に励み、682年(開耀2)、一説には684年(文明1)進士に及第した。麟台(りんだい)正字、右衛率府冑曹(そっぷちゅうそう)参軍を経て、693年(長寿2)右拾遺(うしゅうい)に進み、契丹(きったん)征伐にも加わったが、698年(聖暦1)父に孝養を尽くすため辞職して帰郷した。父の死後、財産に目をつけた県令の段簡に投獄され、獄中で死んだ。六朝(りくちょう)以来の形式美に流れた詩風に批判を加え、漢魏(ぎ)の素朴で力強い詩風の復活、ことに詩の内容に思想性をもたせることを主張して、李白(りはく)、杜甫(とほ)らの盛唐文学に道を開いたことが高く評価される。『陳伯玉文集』10巻があり、代表作「感遇詩」はよく知られる。[齋藤 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

陳子昂の関連キーワードアリー皇極天皇アリー斉明天皇斉明天皇シリア斉明天皇ウマイヤ朝正統カリフ時代ダマスカス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone