コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陳子昂 ちんすごう Chen Zi-ang

6件 の用語解説(陳子昂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陳子昂
ちんすごう
Chen Zi-ang

[生]竜朔1(661)
[没]長安2(702)
中国,初唐の詩人。梓州射洪 (四川省) の人。字,伯玉。大地主の家に生れ,若い頃は任侠を事としていたが,のち学問に励み,開燿2 (682) 年進士に及第。則天武后に認められ麟台正字,右拾遺を歴任,また万歳通天1 (696) 年から翌年にかけて武攸宜 (ぶゆうぎ) の参謀として契丹 (きったん) 討伐に加わったが,聖暦1 (698) 年辞して郷里に帰り老父に仕えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちん‐すごう〔‐スガウ〕【陳子昂】

[661~702]中国、初唐の詩人。射洪(しゃこう)(四川省)の人。字(あざな)は伯玉。則天武后に認められ、右拾遺に任ぜられたが、官を辞してのち、誣告(ぶこく)にあって獄死。詩では漢魏への復古を唱えた。詩の代表作は「修竹篇」「感遇」。著「陳伯玉文集」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

陳子昂【ちんすごう】

中国,唐代の詩人。四川省の人。字は伯玉。富家の生れで18歳まで書を知らず,悔いて勉学した。南朝時代からの軟弱な詩風を退け,漢魏の気骨ある詩を提唱,〈感遇詩三十八首〉を作った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちんすごう【陳子昂 Chén Zǐ áng】

661‐702
中国,初唐の詩人。字は伯玉。梓州(ししゆう)(四川省)の人。則天武后の時,進士に合格したが官僚としては恵まれなかった。当時の詩壇を支配していた六朝風の技巧主義を排撃し,漢魏詩の気骨の復活を唱えて独自の作風を築き,唐詩の新生面を開く。その精神は李白・杜甫をはじめ盛唐の詩人たちに受け継がれる。代表作〈感遇詩三十八首〉は自己の感情を飾らずに表現した作品で,現実を鋭く見つめる。詩文集として《陳伯玉文集》10巻が伝わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちんすごう【陳子昂】

661~702) 中国、初唐の詩人。字あざなは伯玉。六朝以来の技巧的な詩風を批判し、漢・魏の素朴で堅実な詩風の復興を主張、李白りはく・杜甫とほらに大きな影響を与えた。代表作「感遇」「幽州の台に登る歌」など。「陳伯玉文集」がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陳子昂
ちんすごう
(661―702)

中国、初唐の詩人。梓州射洪(ししゅうしゃこう)(四川(しせん)省射洪県)の人。字(あざな)は伯玉。富豪の家に生まれ、少年時代は任侠(にんきょう)の気風を愛したが、18歳ごろより学問に励み、682年(開耀2)、一説には684年(文明1)進士に及第した。麟台(りんだい)正字、右衛率府冑曹(そっぷちゅうそう)参軍を経て、693年(長寿2)右拾遺(うしゅうい)に進み、契丹(きったん)征伐にも加わったが、698年(聖暦1)父に孝養を尽くすため辞職して帰郷した。父の死後、財産に目をつけた県令の段簡に投獄され、獄中で死んだ。六朝(りくちょう)以来の形式美に流れた詩風に批判を加え、漢魏(ぎ)の素朴で力強い詩風の復活、ことに詩の内容に思想性をもたせることを主張して、李白(りはく)、杜甫(とほ)らの盛唐文学に道を開いたことが高く評価される。『陳伯玉文集』10巻があり、代表作「感遇詩」はよく知られる。[齋藤 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陳子昂の関連キーワード組合せアルキル基階乗基底数値積分スターリングの補間公式リーマン幾何学勃・歿・没三角数

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone