コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孤山至遠 こさん しおん

1件 の用語解説(孤山至遠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

孤山至遠 こさん-しおん

1278-1366 鎌倉-南北朝時代の僧。
弘安(こうあん)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。紀伊(きい)の人。無本(むほん)覚心,約翁徳倹に師事し,覚心の法をつぐ。のち元(中国)から来日した明極楚俊(みんき-そしゅん),清拙正澄(せいせつ-しょうちょう)らにまなぶ。紀伊海部(あま)郡(和歌山県)興国寺,京都建仁寺などの住持をつとめた。貞治(じょうじ)5=正平(しょうへい)21年7月9日死去。89歳。俗姓は紀。諡号(しごう)は広照禅師。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

孤山至遠の関連キーワード世尊寺伊俊向阿雲山智越覚尊竺源超西曙蔵主末兼千峰本立道玄(2)良暁(2)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone