コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分譲住宅 ぶんじょうじゅうたく

4件 の用語解説(分譲住宅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分譲住宅
ぶんじょうじゅうたく

一般に,一団の住宅を個々に売却するとき,宅地分譲になぞらえて分譲住宅という。すなわち,所有権を譲渡することを目的として建設される住宅をいい,したがって建て売りと同じく即金で売却される場合も,頭金を支払って未払い分を割賦償還の方法により譲渡される場合もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶんじょう‐じゅうたく〔ブンジヤウヂユウタク〕【分譲住宅】

分譲地に建設・販売される住宅。土地付き一戸建て分譲住宅や分譲マンションなどの形式がある。→建売り住宅

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶんじょうじゅうたく【分譲住宅】

不特定多数への販売を目的に建築される住宅。土地付き戸建て、土地所有権共有持ち分の集合住宅がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分譲住宅
ぶんじょうじゅうたく

不特定多数の購買者に販売され、所有権を譲渡される住宅。建物なしで宅地だけの場合が宅地分譲である。明治時代末ごろから電鉄会社が沿線の人口誘致のために住宅地を開発し、土地、住宅を販売したことに源があり、比較的大規模な住宅地でまとまった戸数が供給されることが多く、販売方式として市中銀行との提携融資による割賦方式をとることが多い。供給者は不動産業者、電鉄会社、建設会社、プレハブメーカー、商社やその関連企業など多様である。かつては公的機関が供給することもあった。
 分譲住宅の建物形式としては、土地付きの独立住宅(建売分譲住宅ともよばれる)、隣戸と壁を共有する連続建住宅、区分所有法により住戸部分は専有し、土地と建物の構造部分や共用部分を共有する中高層の共同住宅(分譲マンション)などがある。また、一般的ではないが、建物だけを所有し、土地は借地や地上権をもつ形態の分譲住宅もある。[多治見左近]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

分譲住宅の関連情報