コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宿彦右衛門 うしゅく ひこえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇宿彦右衛門 うしゅく-ひこえもん

1820-1864* 江戸時代後期の武士。
文政3年10月18日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。江戸で造船,電信,写真などの技術をまなぶ。帰藩後,集成館掛として反射炉,溶鉱炉,水雷などをつくった。文久3年12月24日下関海峡で乗船が長門(ながと)(山口県)萩藩の砲撃をうけて沈没し,死去。44歳。本姓は伊地知。名は行誼(ゆきよし)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇宿彦右衛門
うすきひこえもん
(1820―1863)

江戸後期の技術者。薩摩(さつま)藩士。名は行誼(ゆきよし)。伊地知(いじち)季幹の六男として鹿児島に生まれ、宇宿氏を継いだ。江夏十郎(こうかじゅうろう)、市来四郎(いちきしろう)(1829―1903)、中原猶介(なおすけ)(1832―1868)らとともに、島津斉彬(なりあきら)の命を受け、反射炉築造や蒸気船の製造に従事し、また写真術、電信などの実験を行ったほか、薩英(さつえい)戦争(1863)では日本最初の電気で爆発させる水雷(すいらい)を敷設するなど、斉彬の集成館事業を推進させた技術者であった。長崎海軍伝習所に参加し蒸気機関の伝習を受け、1860年(万延1)以降は主として海事に従い、船奉行(ぶぎょう)添一代新番となった。文久(ぶんきゅう)3年12月24日、幕府から借用の長崎丸で馬関(ばかん)(関門)海峡を通過中、長州藩の砲撃を受け没した。[菊池俊彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

宇宿彦右衛門 (うじゅくひこえもん)

生年月日:1820年10月18日
江戸時代末期の薩摩藩士
1863年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

宇宿彦右衛門の関連キーワード生年月日

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android