コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守貞謾(漫)稿 もりさだまんこう

百科事典マイペディアの解説

守貞謾(漫)稿【もりさだまんこう】

江戸後期の風俗誌。喜田川守貞著。30巻,後編4巻。自序によれば,1837年以来さし絵入りで三都(江戸・大坂・京都)の行事,風俗,市井の雑事等の採録に努め,1853年成立。さらに補筆訂正を行ったむね1867年の追書がある。稿本のまま伝来し,1908年《類聚近世風俗志》として刊行。守貞は1810年大坂に生まれ,本姓石原氏。1840年江戸に出て北川氏をつぎ,深川に住んだという。
→関連項目定斎屋

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android