コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安井好尚 やすい こうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安井好尚 やすい-こうしょう

1847-1922 明治-大正時代の農村指導者。
弘化4年9月28日生まれ。島根県大国村(仁摩町)の地主。西洋農法を研究し,明治12年島根県三瓶山(さんべさん)で牛を放牧する殖牛社を創立。以後,勧業会や各種共進会を設立し,稲作・養蚕・畜産・水産などの研究と技術指導をおこなう。20年私費で大国英和学校を開設した。大正11年10月10日死去。76歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

安井好尚の関連キーワード島津保次郎リギョールローゼンベリンスキーリベリアアイルランド自由国帰山教正パステルナークブラジル文学ムルナウ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android