安井誠一郎(読み)やすい せいいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安井誠一郎 やすい-せいいちろう

1891-1962 昭和時代の官僚,政治家。
明治24年3月11日生まれ。安井謙内務省にはいり,東京市社会局長をへて宇垣一成(かずしげ)朝鮮総督秘書官などを歴任。昭和15年新潟県知事。22年公選による初代東京都知事となる。以後34年まで3期の在任中,首都の戦災復興につとめ,巨大都市化を推しすすめた。35年衆議院議員。昭和37年1月19日死去。70歳。岡山県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安井誠一郎
やすいせいいちろう
(1891―1962)

官僚、政治家。岡山県出身。東京帝国大学法学部を卒業し、内務省に入る。富山・兵庫警察部長を経て、1929年(昭和4)東京市社会局長。1931年宇垣一成(うがきかずしげ)朝鮮総督秘書官となり、総督府専売局長、京畿(けいき)道知事などを歴任。新潟県知事にもなったが、宇垣派とみなされ、太平洋戦争中は浪人。戦後、1946年(昭和21)厚生次官、同年7月最後の官選東京都長官。1947年4月第1回公選で初代東京都知事に当選、以後1959年まで3期務め、都議会、都庁に「安井王国」を築き、中央政府と直結して東京の巨大都市化を進めた。オリンピックの誘致活動にも力をそそいだ。[宮 章]
『安井誠一郎氏記念像建設委員会編・刊『安井誠一郎傳』(1967)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安井誠一郎の関連情報