コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安井誠一郎 やすい せいいちろう

2件 の用語解説(安井誠一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安井誠一郎 やすい-せいいちろう

1891-1962 昭和時代の官僚,政治家。
明治24年3月11日生まれ。安井謙の兄。内務省にはいり,東京市社会局長をへて宇垣一成(かずしげ)朝鮮総督秘書官などを歴任。昭和15年新潟県知事。22年公選による初代東京都知事となる。以後34年まで3期の在任中,首都の戦災復興につとめ,巨大都市化を推しすすめた。35年衆議院議員。昭和37年1月19日死去。70歳。岡山県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安井誠一郎
やすいせいいちろう
(1891―1962)

官僚、政治家。岡山県出身。東京帝国大学法学部を卒業し、内務省に入る。富山・兵庫警察部長を経て、1929年(昭和4)東京市社会局長。1931年宇垣一成(うがきかずしげ)朝鮮総督秘書官となり、総督府専売局長、京畿(けいき)道知事などを歴任。新潟県知事にもなったが、宇垣派とみなされ、太平洋戦争中は浪人。戦後、1946年(昭和21)厚生次官、同年7月最後の官選東京都長官。1947年4月第1回公選で初代東京都知事に当選、以後1959年まで3期務め、都議会、都庁に「安井王国」を築き、中央政府と直結して東京の巨大都市化を進めた。オリンピックの誘致活動にも力をそそいだ。[宮 章]
『安井誠一郎氏記念像建設委員会編・刊『安井誠一郎傳』(1967)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安井誠一郎の関連キーワード官僚政治井野碩哉勝俣稔亀井光唐沢俊樹木村惇鈴木英雄高瀬伝橋本清吉松井春生

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安井誠一郎の関連情報