コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安宅弥吉 あたか やきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安宅弥吉 あたか-やきち

1873-1949 明治-昭和時代前期の実業家。
明治6年4月25日生まれ。日下部(くさかべ)商店から明治37年独立し,安宅商会(のちの安宅産業)を設立。大正8年から昭和17年まで社長。大阪商工会議所会頭,貴族院議員をつとめた。昭和24年2月5日死去。77歳。石川県出身。東京高商(現一橋大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安宅弥吉
あたかやきち
(1873―1949)

実業家。石川県石川郡金石(かないわ)町(現金沢市)に生まれる。父の又吉は金融業、肥料などを商う有力商人。1895年(明治28)東京高等商業学校(一橋大学の前身)卒業後、日下部(くさかべ)商会に入社、まもなく香港(ホンコン)支店支配人に就任。1904年(明治37)百三十銀行破綻(はたん)の影響で危機に陥った同商会の営業を継承して安宅商会を設立。取引商品種目は多数に及んだが、とくに1926年(大正15)に八幡(やはた)製鉄の指定商の一つになることによって、鉄鋼業界への飛躍の基盤をつくった。1942年(昭和17)安宅商会を退社。その間、大阪毛織、大阪商船ほかの重役、大正から昭和にかけての18年間大阪商工会議所副会頭、会頭を務め、1939年には貴族院議員となった。[西村はつ]
『『安宅産業六十年史』(1968)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

安宅弥吉の関連キーワード新藤兼人日本郵便制度史(年表)斎藤寅次郎サッカー(フットボール)森一生ドッジ・ライン今井正木下恵介中国共産党久松静児

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone