コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安政の仮条約 アンセイノカリジョウヤク

デジタル大辞泉の解説

あんせい‐の‐かりじょうやく〔‐かりデウヤク〕【安政の仮条約】

安政5年(1858)、大老井伊直弼(いいなおすけ)が、アメリカ・オランダ・ロシア・イギリス・フランスの5か国と順次結んだ通商条約の総称。勅許なく調印したので仮条約とよばれる。箱館・兵庫など5港の開港を決めたが、関税自主権をもたず、治外法権を認めた。安政五か国条約。→日米修好通商条約

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

安政の仮条約の関連キーワード安政の五箇国条約・安政の五か国条約日英通商航海条約安政五箇国条約桜田門外の変安政の大獄永代借地権改税約書外国奉行開国

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android