コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安政の仮条約 アンセイノカリジョウヤク

1件 の用語解説(安政の仮条約の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あんせい‐の‐かりじょうやく〔‐かりデウヤク〕【安政の仮条約】

安政5年(1858)、大老井伊直弼(いいなおすけ)が、アメリカオランダロシアイギリスフランスの5か国と順次結んだ通商条約の総称。勅許なく調印したので仮条約とよばれる。箱館・兵庫など5港の開港を決めたが、関税自主権をもたず、治外法権を認めた。安政五か国条約。→日米修好通商条約

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安政の仮条約の関連キーワード井伊直忠井伊直安安政の大獄井伊宗観井伊直亮井伊直澄井伊直経井伊直幸梶山秀蔵志賀金八郎

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone