安政の仮条約(読み)アンセイノカリジョウヤク

デジタル大辞泉の解説

あんせい‐の‐かりじょうやく〔‐かりデウヤク〕【安政の仮条約】

安政5年(1858)、大老井伊直弼(いいなおすけ)が、アメリカ・オランダ・ロシア・イギリス・フランスの5か国と順次結んだ通商条約総称勅許なく調印したので仮条約とよばれる。箱館・兵庫など5港の開港を決めたが、関税自主権をもたず、治外法権を認めた。安政五か国条約。→日米修好通商条約

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あんせい【安政】 の 仮条約(かりじょうやく)

安政五年(一八五八)江戸幕府が、アメリカ・オランダ・ロシア・イギリス・フランスの五か国と順次に結んだ修好通商条約の総称。大老井伊直弼(なおすけ)が勅許を得ずに締結したため、尊王攘夷運動が激化した。安政五箇国条約。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android