コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安東忠家 あんどう ただいえ

2件 の用語解説(安東忠家の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安東忠家 あんどう-ただいえ

?-1221 鎌倉時代の武士。
駿河(するが)(静岡県)の御家人北条義時につかえ,和田氏の乱の誘因となった泉親衡(ちかひら)の乱では,奉行人として謀反人追捕(ついぶ)の命令を各地の守護に伝達。また源実朝を殺した公暁(くぎょう)の首実検にたちあう。承久(じょうきゅう)3年6月14日宇治川の戦いで戦死。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

安東忠家

没年:承久3.6.14(1221.7.5)
生年:生年不詳
駿河国の御家人で,北条義時の被官。建保1(1213)年2月の泉親衡事件では,奉行人として謀反人追捕の命令を諸国の守護人に伝達した。事件に加担した和田胤長の鎌倉の屋敷地は北条義時に与えられ,義時はこれを忠家と金窪行親ふたりに分け与えた。同年5月の和田合戦では,首実検に臨席し,合戦の記録を整理した。承久1(1219)年には,源実朝を暗殺した公暁の首実検に臨席。その後,北条義時の勘気をこうむって駿河国に籠居した。承久の乱(1221)では,東海道を進む北条泰時の軍勢に加わり,宇治川合戦で討死した。『阿蘇文書』には,北条義時の袖判がある安東忠家奉書が2通ある。

(永井晋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安東忠家の関連キーワード御家人得宗御家人株御家人役阿野時元伊賀朝光女金窪行親中野助能北条有時北条兼時(1)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone