コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安源炭鉱 あんげんたんこう An-yuan tan-guang; An-yüan t`an-kung

3件 の用語解説(安源炭鉱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安源炭鉱
あんげんたんこう
An-yuan tan-guang; An-yüan t`an-kung

中国,江西省萍郷市安源鎮の大炭田。光緒 23 (1897) 年に採炭が開始されたが,萍煤鉄廠鉱有限公司の設立 (1908。資本金 2000万元) を機に開発が進み,アジアでも有数の炭田となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あんげんたんこう【安源炭鉱 Ān yuán tàn kuàng】

中国,江西省萍郷(ひようきよう)市安源鎮にある。萍郷炭鉱が正式の呼称である。漢陽製鉄所に原料炭を供給するため,1898年(光緒24)に盛宣懐により開発(設計能力,年産45万t)されて,1908年には漢冶萍煤鉄公司に統合された。借款,導入技術の関係で最初はドイツが,ついでは日本が鉱務の実権をにぎっていた。日中戦争中に日本軍の爆撃で破壊され,操業はほとんど停止したが,革命後,54年に生産が回復し,新鉱区も開発されて発展しているという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

安源炭鉱の関連キーワード漢冶萍煤鉄公司江西省比容万暦窯曽鞏崎陽通勤費用萍郷長野県中野市安源寺清江(中国江西省)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安源炭鉱の関連情報