コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋収暴動 しゅうしゅうぼうどう Qiu-shou baodong

2件 の用語解説(秋収暴動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋収暴動
しゅうしゅうぼうどう
Qiu-shou baodong

1927年秋の収穫期に中国共産党が湖南,湖北,江西,広東の4省を中心に起した農民の武装暴動。第1次国共合作国民党の反共化に伴って崩壊したため,共産党は 27年8月7日「八・七緊急会議」を開き,都市と農村における武装暴動政策を採用し,土地革命による大・中地主の土地没収を決定。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋収暴動
しゅうしゅうぼうどう

中国で1927年8~9月、中国共産党が秋の収穫(秋収)期にあわせて、土地革命と地方権力奪取を目的として計画した武装暴動。共産党中央の八・七緊急会議で、とくに湖南(こなん/フーナン)、湖北(こほく/フーペイ)、江西(こうせい/チヤンシー)、広東(カントン)4省で実行することが決められたが、その中心は湖南、湖北であった。両省の各地で一斉蜂起(ほうき)し、それぞれの省都である長沙(ちょうさ/チャンシャー)、武漢(ぶかん/ウーハン)に革命政府を樹立することを目的としたが、主体的にも客観的にも条件が整わないまま暴動に突入したために敗北を喫した。なお、毛沢東(もうたくとう/マオツォートン)は、湖南省の暴動を指導したが、失敗が明らかになると部隊を再編し、それを率いて井岡山(せいこうざん/チンカンシャン)に退却、以後、革命根拠地建設に全力をあげて取り組んでいくことになる。[安井三吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋収暴動の関連キーワード蔡暢趙紫陽ハーベスト収穫期共産主義青年団向警予中国共産党大会中国共産党員惲代英《中国革命と中国共産党》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone