安福殿(読み)アンプクデン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安福殿
あんぷくでん

平安宮内裏の殿舎の名。紫宸殿(ししんでん)南庭の西にあり、東の春興殿に対する。檜皮葺(ひわだぶ)きで、柱間(はしらま)が南北7間、東西2間の母屋(もや)の東西2面(あるいは東西北の3面)にひさしがある東向きの建物である。母屋は、北側の天皇に仕える侍医・薬生が伺候(しこう)する薬殿(くすどの)、南側の庫とに分かれている。西廂(にしびさし)には主水司(もんどのつかさ)・造酒司(みきのつかさ)の官人が泊まる宿所がある。東廂は正月18日の賭弓(のりゆみ)などの儀式の際には、座が設けられた。[吉田早苗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android