コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春興殿 しゅんこうでん

6件 の用語解説(春興殿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春興殿
しゅんこうでん

平安京内裏の一殿舎。紫宸殿の南東,内裏の南門である承明門を入って右側に位置し,左側の安福殿に対していた。西面して,広さは7間3面,東廂 (ひさし) の北端は内竪 (ないじゅ) 所内候の武具の置場であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅんきょう‐でん【春興殿】

しゅんこうでん(春興殿)

しゅんこう‐でん【春興殿】

平安京内裏十七殿の一。紫宸殿(ししんでん)の南東、日華門の南にあり、安福殿と対する。武具などを置いた。のち、神鏡を置いて内侍所ともなる。しゅんきょうでん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゅんこうでん【春興殿】

内裏の殿舎の一つ。〈しゅんきょうでん〉ともよむ。紫宸殿(ししんでん)の南庭の東端にある。紫宸殿の東に宜陽殿(ぎようでん)があり,その南に日華門,春興殿と連なり,その南が左腋門(さえきもん)と続き内裏の内郭の塀と接している。西面して南庭をはさんで安福殿と対している。7間3面,檜皮葺,北・東・西に廂(ひさし)があり,東は孫廂まであり,西は土廂である。武具を納めた所で,東廂に内豎(ないじゆ)(内豎省)の詰所がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゅんこうでん【春興殿】

平安朝内裏の殿舎の一。紫宸殿ししんでんの東南、日華門の外、宣陽殿の南にある。武具を収蔵し、のちには神器の鏡を置いた。しゅんきょうでん。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

春興殿
しゅんこうでん

「しゅんきょうでん」とも読む。平安宮内裏(だいり)の殿舎の名。紫宸殿(ししんでん)南庭の東、宜陽殿(ぎようでん)の南にある。檜皮葺(ひわだぶ)きで南北7間、東西2間の母屋(もや)の東西(あるいは東西北)に廂(ひさし)、東に孫廂のある西向きの建物。母屋には武具を納め、東廂には宮中に仕える童子のいる内豎所(ないじゅどころ)があり、西廂は各種の儀式に使われた。鎌倉時代以降、神鏡を祀(まつ)る賢所(かしこどころ)が移され、1869年(明治2)の東京遷都まで続いた。また大正天皇即位のとき、京都御所に神鏡を安置する所として、紫宸殿の東に春興殿が造営され、現在に至っている。[吉田早苗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の春興殿の言及

【春興殿】より

…紫宸殿(ししんでん)の南庭の東端にある。紫宸殿の東に宜陽殿(ぎようでん)があり,その南に日華門,春興殿と連なり,その南が左腋門(さえきもん)と続き内裏の内郭の塀と接している。西面して南庭をはさんで安福殿と対している。…

※「春興殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

春興殿の関連キーワード襲芳舎清涼殿大内裏図考証後涼殿小安殿十七殿承香殿前殿梅壺葬場殿

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

春興殿の関連情報