コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春興殿 しゅんこうでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春興殿
しゅんこうでん

平安京内裏の一殿舎紫宸殿の南東,内裏の南門である承明門を入って右側に位置し,左側の安福殿に対していた。西面して,広さは7間3面,東廂 (ひさし) の北端は内竪 (ないじゅ) 所内候の武具の置場であった。室町時代からは神鏡の奉安所となり賢所 (かしこどころ) といった。安政内裏 (現在の京都御所) では紫宸殿の東に位置し,5間2面であったが,これは 1889年橿原 (かしはら) 神宮に本殿として移築された。現在京都御所にある春興殿は 1915年大正天皇即位の大礼のために造営されたものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅんこうでん【春興殿】

内裏の殿舎の一つ。〈しゅんきょうでん〉ともよむ。紫宸殿(ししんでん)の南庭の東端にある。紫宸殿の東に宜陽殿(ぎようでん)があり,その南に日華門,春興殿と連なり,その南が左腋門(さえきもん)と続き内裏の内郭の塀と接している。西面して南庭をはさんで安福殿と対している。7間3面,檜皮葺,北・東・西に廂(ひさし)があり,東は孫廂まであり,西は土廂である。武具を納めた所で,東廂に内豎(ないじゆ)(内豎省)の詰所がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅんこうでん【春興殿】

平安朝内裏の殿舎の一。紫宸殿ししんでんの東南、日華門の外、宣陽殿の南にある。武具を収蔵し、のちには神器の鏡を置いた。しゅんきょうでん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

春興殿
しゅんこうでん

「しゅんきょうでん」とも読む。平安宮内裏(だいり)の殿舎の名。紫宸殿(ししんでん)南庭の東、宜陽殿(ぎようでん)の南にある。檜皮葺(ひわだぶ)きで南北7間、東西2間の母屋(もや)の東西(あるいは東西北)に廂(ひさし)、東に孫廂のある西向きの建物。母屋には武具を納め、東廂には宮中に仕える童子のいる内豎所(ないじゅどころ)があり、西廂は各種の儀式に使われた。鎌倉時代以降、神鏡を祀(まつ)る賢所(かしこどころ)が移され、1869年(明治2)の東京遷都まで続いた。また大正天皇即位のとき、京都御所に神鏡を安置する所として、紫宸殿の東に春興殿が造営され、現在に至っている。[吉田早苗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の春興殿の言及

【春興殿】より

…紫宸殿(ししんでん)の南庭の東端にある。紫宸殿の東に宜陽殿(ぎようでん)があり,その南に日華門,春興殿と連なり,その南が左腋門(さえきもん)と続き内裏の内郭の塀と接している。西面して南庭をはさんで安福殿と対している。…

※「春興殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

春興殿の関連キーワード雷鳴の陣橿原神宮温明殿左掖門校書殿神器

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android