コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安達峰一郎 あだちみねいちろう

2件 の用語解説(安達峰一郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安達峰一郎
あだちみねいちろう

[生]明治2(1869).6.19. 山形,東村山
[没]1934.12.28. ハーグ
日本の外交官。 1892年東京大学卒業,同年外務省に入り,ベルギーフランス駐在大使をつとめ,国際連盟をはじめ多くの国際会議に日本代表として出席した。国際法学者としても重きをなし,1930年常設国際司法裁判所裁判官,31年同裁判所裁判長に推され,ハーグに定住。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安達峰一郎 あだち-みねいちろう

1869-1934 明治-昭和時代前期の外交官,国際法学者。
明治2年6月9日生まれ。外務省にはいり,明治38年ポーツマス講和会議の全権随員となり小村寿太郎を補佐。ベルギー,フランス大使などをつとめ,国際連盟の日本代表として活躍。昭和5年常設国際司法裁判所判事,翌年同所長。昭和9年12月28日アムステルダムで病死。66歳。オランダ国葬。羽前(山形県)出身。帝国大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

安達峰一郎の関連キーワード江見水蔭合田平伊藤うた阪本仙次津山英吉西田恒夫西野藤助橋本文雄(1)別府丑太郎三浦第二郎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安達峰一郎の関連情報