安達生恒(読み)あだち いくつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安達生恒 あだち-いくつね

1918-2000 昭和-平成時代の農業経済学者。
大正7年1月14日生まれ。愛媛大教授をへて,昭和32年島根大教授となる。退官後,社会農学研究所を開設し所長。農業の近代化農村荒廃をうんだと主張し,徹底した聞き取り調査を実施,かんがえ,行動する農民の育成につとめる。平成12年10月10日死去。82歳。新潟県出身。京都帝大卒。著作に「むらの戦後史」「日本農業の選択」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android