洛陽伽藍記(読み)らくようがらんき(英語表記)Luo-yang qie-lan-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洛陽伽藍記
らくようがらんき
Luo-yang qie-lan-ji

中国,寺院の記録。東魏楊衒之 (げんし) 著。5巻。6世紀中葉成立。洛陽にあった寺観の位置,寺歴,旧聞古跡について記した書。洛陽は北魏の首都として繁栄し,1300余の寺院があったが,北魏が (ぎょう) に遷都してから荒廃に向った。本書は,その洛陽を訪れた著者が,かつての栄華を偲び,壮麗を誇った寺観についてその記録を残そうとしたもので,城内,城東,城南,城西,城北の5区に分け,それぞれ盛時の面影から説き起し現在の状況に及ぶが,それに関連して政治,風俗,人事にいたるまでを簡潔な名文で描写してあり,当時の社会を知るための史料として,また文学作品として,高い価値をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

らくようがらんき〔ラクヤウガランキ〕【洛陽伽藍記】

中国の記録書。5巻。東魏(とうぎ)の楊衒之(ようげんし)著。北魏の都洛陽の荒廃のさまを、諸大寺の状況や伝聞などを中心に記したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

洛陽伽藍記【らくようがらんき】

中国,洛陽の諸寺の旧聞・古跡を集録した書。北魏の楊衒之(ようげんし)著。5巻。6世紀半ばの成立。孝文帝が洛陽に都して(493年)繁栄した寺院が,東西魏の分裂により荒廃したのを嘆いて書く。中国最初の都市記録として重要な史料。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

らくようがらんき【洛陽伽藍記 Luò yáng qié lán jì】

中国において,5世紀後半から6世紀前半に拓跋(たくばつ)族が建てた北魏の都洛陽の繁昌記。著者は楊衒之。北魏は仏教を国教とし,多くの壮大な寺院を建立した。本書はそれら代表的な寺院を叙述の軸として,政治,経済,民俗,学芸など文化の万般にわたって精細に記述しており,中国最初の都市記録としてきわめて高い価値をもつ。素朴な筆致がかえって事実の活写に役立っていることも見のがせない。【入矢 義高】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

らくようがらんき【洛陽伽藍記】

中国、北魏の楊衒之ようげんしの記録文学。五巻。547年頃成立。洛陽の諸寺の旧聞・古跡および政治・風俗・人物・地理などの移り変わりを記したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洛陽伽藍記
らくようがらんき

中国、東魏(とうぎ)の楊衒之(ようげんし)の著。五巻。北魏の都洛陽は当時の仏教の隆盛を反映して、1367の寺院があったが、北魏末の戦乱と遷都ののちは荒廃し、東魏の武定(ぶてい)5年(547)、著者が洛陽を再訪したときには421寺に激減していた。その荒廃のさまを憂い、洛陽の主要な寺院の状況、歴史、伝聞などを、城内、城東、城南、城西、城北の順に記録したもの。当時の政治、文化、風俗を伝える貴重な文献であり、また巻末に載せる宋雲(そううん)のインド取経の旅行記(『宋雲行紀』)は、西域(せいいき)資料として価値が高い。本書の研究に周祖謨(しゅうそぼ)『洛陽伽藍記校釈』(1958)、范祥雍(はんしょうよう)『洛陽伽藍記校注』(同)がある。[佐藤 保]
『入矢義高他訳『洛陽伽藍記・水経注(抄)』(平凡社・東洋文庫) ▽長沢和俊訳注『法顕伝・宋雲行紀』(平凡社・東洋文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android