コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定期傭船契約 ていきようせんけいやく time charter

2件 の用語解説(定期傭船契約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定期傭船契約
ていきようせんけいやく
time charter

他人の船舶の全部を一定期間船長その他の船員つきで借受けるとともに,船長をその間傭船者の商業上の指図のもとにおく契約。この契約の法的性質については学説が対立し,運送契約説,準船舶賃貸借説などがあるが,判例は船員の労務供給契約と船舶賃貸借契約との混合契約と解している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

定期傭船契約
ていきようせんけいやく

船舶所有者が一定の期間を限って、船舶を相手方である定期傭船者に利用させることを約し、定期傭船者がその対価としての傭船料を支払うことを約する契約。通常、定期傭船契約の場合、船長・海員の選任監督権や給料の支払い船舶所有者が行い、定期傭船者は企業指揮権を行使してその船舶を利用するために、船舶使用約款・処分約款・船員使用約款・不満約款などの特殊約款のほか、船舶所有者が船舶の保険料・修繕費等の費用を負担し、航海に要すべき燃料・鑵水(かんすい)・諸税金・水先料等の費用は傭船者が負担する旨の純傭船約款が含まれている。これら特殊約款の解釈により、定期傭船契約の法的性質につき学説の対立があり、これを運送契約である傭船契約と解する説と、定期傭船者が海上企業の主体として船舶を利用している実態を重視して、これを船舶賃貸借契約またはこれに準ずる契約と解する説がある。判例は、定期傭船契約を船舶の賃貸借契約と船員の労務供給契約との混合契約であると解している。現在、定期傭船は他船利用による海上企業形態の主流を占めており、国際的に広く利用されている定期傭船契約の形式は、ボールタイム書式、プロデュース・フォームであるが、日本では日本海運集会所制定の標準書式が国内的な定期傭船契約に利用されている。[戸田修三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定期傭船契約の関連キーワード船員船籍港船舶賃借人傭船契約罰俸四つの船仕組船船舶普通期間保険協会船舶期間保険約款小型船舶の免許制度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

定期傭船契約の関連情報