コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混合契約 コンゴウケイヤク

3件 の用語解説(混合契約の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こんごう‐けいやく〔コンガフ‐〕【混合契約】

二つ以上の典型契約の内容を兼備するか、またはある典型契約無名契約との性質を兼備する内容をもった契約。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こんごうけいやく【混合契約】

〘法〙 二種類以上の典型契約の内容を兼備する契約。また、典型契約と非典型契約の性質を併有する内容をもった契約。混成契約。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

混合契約
こんごうけいやく

民法第3編2章は、世の中で一般に行われる13種類の契約(贈与、売買、賃貸借、請負など)を定めている。これを典型契約という。しかし実際には、典型契約以外の各種の契約が行われる。そのなかには、およそ典型契約とは無関係の契約があり、これを無名契約という(旅行契約、著作契約など)。これに対し、二つ以上の典型契約の要素が混合された契約を混合契約という。たとえば、商品を注文して製作のうえ供給させるという製作物供給契約は、請負と売買の二つの典型契約が混合したものであり、それぞれの典型契約の規定を適用することができる。なお、典型契約と無名契約との混合した契約を混合契約ということもある。[川井 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

混合契約の関連キーワード典型契約普通保険約款無名契約兼帯兼備相乗兼備える保険契約の更改契約のしおり売買契約書

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone