コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定額小為替 テイガクコガワセ

3件 の用語解説(定額小為替の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ていがく‐こがわせ〔‐こがはせ〕【定額小為替】

ゆうちょ銀行が提供する送金・決済サービスの一。50円から1000円まで12種類の額面の定額小為替証書を組み合わせて送金する。受け取った定額小為替は郵便局ゆうちょ銀行の窓口で換金できる。普通郵便で送付でき、郵便物が届かないなど郵便事故の場合は受領証書を提示して返金を受けることができる。有効期間は発行日から6か月。有効期間が経過すると再発行の手続きが必要となる。また、5年以上経過すると換金できなくなる場合がある。
かつて郵政公社が行った郵便為替の一。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

定額小為替【ていがくこがわせ】

内国郵便為替の一種。普通為替の特殊なもので,証書金額は50円から1万円まで15種。この定額を郵便局に差し出して定額小為替証書の発行を受け,受取人に送付し,受取人はこれと引換えに任意の郵便局から払渡しを受ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ていがくこがわせ【定額小為替】

郵便為替の一。小額の送金方法。料金が安い。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の定額小為替の言及

【郵便為替】より

… 国営の為替制度は1817年フランスにおいて初めて実施され,日本では前島密(まえじまひそか)等の努力により74年9月郵便為替規則が制定され,75年1月から実施された。国内隔地間送金には,普通為替,電信為替,定額小為替の3種類がある。普通為替は,75年に開始されたもので,郵便局が差出人から持ち込まれた現金に対し為替証書を発行,差出人がこれを受取人に送付し,受取人がその為替証書と引換えに郵便局窓口で為替金を受け取る仕組み。…

※「定額小為替」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

定額小為替の関連情報