コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝巌興隆 ほうがん こうりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宝巌興隆 ほうがん-こうりゅう

1691-1769 江戸時代中期の僧。
元禄(げんろく)4年生まれ。曹洞(そうとう)宗。越後(えちご)(新潟県)弥彦山神職の子。14歳で出家。比叡(ひえい)山や奈良で台密,華厳(けごん),法相(ほっそう),三論,戒律をまなび,悉曇(しつたん)にも通じ,学僧として知られた。武蔵(むさし)騎西(埼玉県)全久院,陸奥(むつ)三春(福島県)州伝寺の住持をつとめた。明和6年10月26日死去。79歳。俗姓は高橋。著作に「禅門五派録」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宝巌興隆の関連キーワードヘルダーインノケンチウス12世オレンジ結社越後屋ヨーハン・ゲオルク3世ナポレオン[1世]オールドタウンクレメンス13世クレメンス14世別子銅山