コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

騎西 きさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

騎西
きさい

埼玉県北東部,加須市南部の旧町域。元荒川古利根川間の沖積平野を占める。1889年町制。1954年田ヶ谷村,種足村,鴻茎村の 3村と合体。1955年高柳村を編入。2010年加須市,北川辺町,大利根町の 1市 2町と合体して加須市となった。古代の皇后領を意味する私市部(きさいちべ)から「私市(きさい)」と書き,太田道灌が築いたと伝えられる私市城があった。中心地区の騎西は江戸時代には付近の農村の市場町で,4と 9の日に市が立った。また農家で生産された青縞織の集散地として繁栄し,鯉幟の産地としても有名であったが,明治以後は幹線道路や鉄道からはずれて衰微した。周辺は米,野菜の生産地。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

騎西
きさい

埼玉県北東部、北埼玉郡にあった旧町名(騎西町(まち))。現在は加須(かぞ)市の南西部を占める地域。1889年(明治22)町制施行。1954年(昭和29)種足(たなだれ)、田ヶ谷(たがや)、鴻茎(こうぐき)の3村と合併。1955年高柳村を編入。2010年(平成22)北川辺(きたかわべ)町、大利根(おおとね)町とともに加須市に合併。大宮台地北東にある沖積低地にあたり、見沼代用水(みぬまだいようすい)、新川(にっかわ)用水(騎西領用水)が流れる。地形はこれらの河川の自然堤防、背後の後背湿地、および島状台地からなる。国道122号が通る。平安末期武蔵(むさし)七党の一つ私市(きさい)党の拠点で、中世太田道灌(どうかん)が築いた私市城があったが、江戸初期に廃城、その後は在郷の市場町として発達し、青縞(あおじま)の取引が盛んであった。農作物の生産が盛んで、米のほかキュウリ、ナス、ナシなどがつくられている。保寧寺の木造阿弥陀(あみだ)如来及両脇侍像は国指定重要文化財、足利持氏(もちうじ)・春王・安王供養塔は県指定史跡、玉敷(たましき)神社の神楽(かぐら)は県の無形民俗文化財。[中山正民]
『『騎西町史』全9巻(1985~2001・騎西町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

騎西の関連キーワード埼玉県加須市西角井正慶騎西[町]加須(市)河野 省三足利成氏武蔵七党宝巌興隆大久保氏松井氏関宿城加納藩私市藩騎西城力士

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

騎西の関連情報