宝貝(読み)タカラガイ

デジタル大辞泉の解説

たから‐がい〔‐がひ〕【宝貝】

タカラガイ科の巻き貝総称貝殻卵形、背面は滑らかで光沢が強く、斑紋がある。腹面の細長い殻口の両縁に刻み目があり、生きているときは殻を外套膜(がいとうまく)が包んでいる。熱帯地方の浅海に多い。古代に貨幣として使用。ホシダカラガイハチジョウダカラガイなど。こやすがい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たからがい【宝貝】

タカラガイ科に属する巻貝の総称。幼貝は普通の巻貝の形をしているが、成熟すると殻口が狭く細長くなり、透明な外套膜に覆われ光沢をもつようになる。貝殻の模様・色彩が美しいので、古代の中国などで貨幣として使われた。暖海に分布。キイロダカラ・ハチジョウダカラ・ホシダカラなど。子安貝こやすがいといわれるものは主にハチジョウダカラをさす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

宝貝 (タカラガイ)

動物。タカラガイ科に属する巻き貝の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宝貝の関連情報