実山永秀(読み)じっさん えいしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

実山永秀 じっさん-えいしゅう

?-1487 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。相模(さがみ)(神奈川県)最乗寺舂屋宗能(しょうおく-そうのう)の法をつぎ,総持寺にはいる。永享11年(1439)上杉憲実(のりざね)がたてた伊豆(いず)蔵春院の開山(かいさん)となり,ついで相模の報恩寺,最乗寺の住持となった。長享元年9月9日死去。相模出身。俗姓は松田。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android