実山永秀(読み)じっさん えいしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

実山永秀 じっさん-えいしゅう

?-1487 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。相模(さがみ)(神奈川県)最乗寺舂屋宗能(しょうおく-そうのう)の法をつぎ,総持寺にはいる。永享11年(1439)上杉憲実(のりざね)がたてた伊豆(いず)蔵春院の開山(かいさん)となり,ついで相模の報恩寺,最乗寺の住持となった。長享元年9月9日死去。相模出身。俗姓は松田。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android