コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮島沼 ミヤジマヌマ

3件 の用語解説(宮島沼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みやじま‐ぬま【宮島沼】

北海道中央部、美唄(びばい)市にある沼。水田に囲まれた約0.3平方キロメートルの湿地で、ガン・カモなどの渡り鳥が越冬する中継地となっている。平成14年(2002)ラムサール条約に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

宮島沼

美唄市街から約12キロの農業地域にある湿地で、近くを石狩川が流れる。周囲の乾燥化などで面積約25ヘクタール、平均水深約50センチの浅くて小さい沼になったが、春と秋はマガンハクチョウ、カモ類の渡りの中継地となっている。2002年11月、国際的に貴重な湿地を保全するためのラムサール条約の国内13番目の湿地として登録された。

(2010-04-05 朝日新聞 朝刊 1道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宮島沼【みやじまぬま】

北海道美唄市の西端,月形町との境をなす石狩川近くに位置する淡水湖。泥炭地を流れる石狩川が,蛇行と氾濫による流路短絡を繰り返した結果,取り残された河跡湖である。渡り鳥の中継地として知られ,春と秋には多くの水鳥の姿が見られる
→関連項目美唄[市]ラムサール条約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

宮島沼の関連キーワード北海道美唄市乙北海道美唄市上美唄北海道美唄市上美唄町北海道美唄市北美唄町北海道美唄市美唄北海道美唄市美唄原野北海道美唄市美唄番地北海道美唄市ポン美唄北海道美唄市峰延市街北海道美唄市峰延市街地

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮島沼の関連情報