コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

札沼(さっしょう)線

デジタル大辞泉プラスの解説

札沼(さっしょう)線

JR北海道が運行する鉄道路線。北海道札幌市の桑園駅から樺戸郡新十津川町の新十津川駅を結ぶ。愛称は「学園都市線」。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

札沼線
さっしょうせん

北海道西部を走る北海道旅客鉄道の線路名称。桑園(そうえん)―新十津川(しんとつかわ)間76.5キロメートル。八軒(はちけん)―あいの里教育大間11.4キロメートルを除いて単線。桑園―北海道医療大学間は交流電化。石狩(いしかり)川右岸を走り、札幌市(桑園)と沼田町(石狩沼田駅)を結ぶ鉄道として1927年(昭和2)着工、札沼北線、札沼南線として工事を進めて1931~1935年開業し、全通とともに札沼線となった。しかし、第二次世界大戦中の1943~1944年に石狩当別(とうべつ)―石狩沼田間が休止、1946~1956年(昭和21~31)に復活したものの、1972年にふたたび新十津川―石狩沼田間が廃止されてバスに転換された。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、北海道旅客鉄道に所属。列車はすべて函館(はこだて)本線に乗り入れて札幌駅に直通運転される。札幌郊外の宅地化が進み、札幌―石狩当別間は通勤・通学鉄道の機能が強くなった。愛称、学園都市線。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

札沼(さっしょう)線の関連キーワード新十津川(町)新十津川[町]沼田(町)浦臼[町]当別[町]JR北海道月形町当別町浦臼町

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

札沼(さっしょう)線の関連情報