コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

函館本線 はこだてほんせん

6件 の用語解説(函館本線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

函館本線
はこだてほんせん

北海道西部,函館-旭川間を通る鉄道。 JR北海道。支線を含めて全長 465.7km。 1880年北海道最初の鉄道として手宮 (小樽市) -札幌間が開通,98年旭川まで延長され,1904年小樽-函館間が完成して全通。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はこだて‐ほんせん【函館本線】

北海道函館から小樽札幌を経て旭川に至るJR線。明治42年(1909)全線開通。全長423.1キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

函館本線【はこだてほんせん】

北海道函館〜旭川間および大沼〜渡島砂原(おしまさわら)〜森間のJR線。営業キロ458.4km。幌内鉄道(のち北海道炭礦鉄道)・北海道官設鉄道・北海道鉄道の各路線を合わせて1905年全通,1907年国有化。
→関連項目札幌[駅]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はこだてほんせん【函館本線】

函館駅から長万部,小樽,札幌をへて旭川駅に至る423.1kmと,大沼~渡島砂原~森間の支線35.3kmからなるJR北海道線。1880年11月まず手宮(小樽市。のちに貨物駅)~札幌間が開業したが,営業用鉄道としては新橋~横浜間,大阪~神戸間等につぎ日本で5番目のものである。小樽~札幌間は幌内地方の石炭を小樽港まで輸送することを目的として建設されたものの一部で,82年幌内までが開業した。同区間は89年11月北海道炭礦鉄道に払い下げられ,1906年10月再び国に買収された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はこだてほんせん【函館本線】

JR 北海道の鉄道線。函館から小樽・札幌・岩見沢・滝川・旭川(423.1キロメートル)、大沼・鹿部・森(35.3キロメートル)間。北海道を南北に縦断する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

函館本線
はこだてほんせん

北海道旅客鉄道の線路名称。北海道、函館―札幌―旭川(あさひかわ)間423.1キロメートル、大沼―渡島砂原(おしまさわら)―森間(砂原支線)35.3キロメートルよりなる。複線化率52.2%、函館―五稜郭(ごりょうかく)間3.4キロメートルと小樽(おたる)―旭川間170.6キロメートルが交流電化。道南と道央を結ぶ幹線鉄道で、とくに石狩平野を縦貫する電化区間が交通量も多く、北海道の主要都市が集まっている。小樽(1920年に南小樽に改称)―岩見沢間は北海道最初の鉄道である幌内鉄道(ぽろないてつどう)の一部として1880~1882年(明治13~15)に開業、1889年に北海道炭礦(たんこう)鉄道に譲渡された。同鉄道は1891~1892年に岩見沢―空知太(そらちぶと)(現在の砂川と滝川の中間、空知川畔)間を延長開業し、さらに1898年、北海道官設鉄道が空知太―旭川間を上川(かみかわ)線として開業した。一方、函館―小樽(現、南小樽)間は北海道鉄道(初代)によって1902~1905年(明治35~38)に開業、北海道炭礦鉄道は1906年、北海道鉄道は1907年に国有化された。1909年、函館―旭川間を統合して函館本線とした。砂原支線は1945年(昭和20)駒(こま)ヶ岳付近の急勾配(こうばい)緩和のため開業したもので、そのうち森―渡島砂原間は渡島海岸鉄道(1927~1928開業)を国有化して改築した。1950年代より長万部(おしゃまんべ)―札幌間では倶知安(くっちゃん)付近の急勾配区間を避けるため、室蘭(むろらん)本線、千歳(ちとせ)線経由で運行する長距離列車がしだいに多くなって、現在では長万部―小樽間は実質的にはローカル線である。また函館―長万部間も、本州と北海道との間の旅客輸送の主力が航空交通に移るとともにその重要性は低下している。これに対して、小樽以北の区間は札幌を中心とする道央縦断の幹線鉄道として輸送需要が大きく、明治・大正期から複線化が進められていたが、1968~1969年(昭和43~44)に小樽―旭川間が複線・電化された。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、北海道旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

函館本線の関連キーワード長万部町室蘭本線北海道新幹線長万部長万部郷土資料室丸井今井北海道山越郡長万部町長万部北海道山越郡長万部町陣屋町北海道山越郡長万部町双葉長万部[温泉]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

函館本線の関連情報