宮崎三昧(読み)ミヤザキサンマイ

百科事典マイペディアの解説

宮崎三昧【みやざきさんまい】

小説家,随筆家。本名璋蔵。江戸生れ。東京師範学校卒。いくつかの新聞社を経て,《大阪朝日新聞》に入社。かたわら小説の筆を執り,《嵯峨の尼物語》《松花録》を発表。その後,《東京朝日新聞》に入社し,同紙を中心に《かつら姫》,代表作右衛門(ばんだんえもん)》などの時代小説,《鳩の浮巣》などの戯曲を発表。また江戸文学,特に上田秋成の《雨月物語》の校訂翻刻に功績があった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮崎三昧 みやざき-さんまい

1859-1919 明治時代の小説家。
安政6年8月1日生まれ。新聞記者のかたわら歴史小説を発表。明治23年東京朝日新聞社にはいり,紙上に代表作となった「塙(ばん)団右衛門」などを連載した。晩年は江戸文学の翻刻にあたる。大正8年3月22日死去。61歳。江戸出身。東京師範卒。本名は璋蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

みやざき‐さんまい【宮崎三昧】

小説家。東京出身。本名璋蔵。新聞記者。明治二〇年代の代表的歴史小説作家。演劇改良にも参加。また、近世文学の校訂・翻刻に功績がある。著に「嵯峨の尼物語」「塙団右衛門」「鳰の浮巣」など。安政六~大正八年(一八五九‐一九一九

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android