コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塙団右衛門 ばんだんえもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塙団右衛門
ばんだんえもん

[生]永禄10(1567).遠江
[没]元和1(1615).4.29. 大坂
安土桃山時代の武将。通称,長八。名,直次,のち直之と改めた。初め加藤嘉明に仕えて軍功を立て,文禄慶長の役に従軍関ヶ原の戦いには嘉明と不和になって致仕し,のち小早川秀秋,徳川忠吉,福島正則に仕えたが,いずれも長くは続かず,大坂の陣には大坂に入り,徳川方と対戦し戦死した。戦国武士の典型として講談そのほかで有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

塙団右衛門【ばんだんえもん】

安土桃山時代の武将。名は直之(なおゆき)。遠江(とおとうみ)の人。加藤嘉明に仕えて文禄・慶長の役に功を立てたが,嘉明の怒りにふれて加藤家を退散,一時は小早川秀秋の鉄砲大将となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ばんだんえもん【塙団右衛門】

1567~1615) 安土桃山時代の武将。遠江の人。本名、直之。豊臣秀吉の臣加藤嘉明に従い、文禄・慶長の役で功をあげたが、関ヶ原の戦いののち浪人。大坂の陣では豊臣方に加わり、夏の陣で戦死。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塙団右衛門
ばんだんえもん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の塙団右衛門の言及

【塙直之】より

…織豊期の武士。遠州横須賀の人で団右衛門と称した。はじめ加藤嘉明に仕え,たびたびの軍功により1000石取,鉄砲大将となった。1600年(慶長5)関ヶ原の戦で嘉明の命令に背いたため知行を召し放たれ,他家への奉公をも禁じられた(奉公構(かまい))が,力量を認められ,直ちに小早川秀秋に抱えられた。02年,秀秋の死後,再び牢人となり,一時福島正則らに仕えるが,やがて僧となり妙心寺大竜和尚の下にいた。号を鉄牛と称し,洛中洛外で托鉢をしたという。…

※「塙団右衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塙団右衛門の関連キーワード豊臣秀吉大野治房宮崎三昧元和

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android