コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近世文学 キンセイブンガク

デジタル大辞泉の解説

きんせい‐ぶんがく【近世文学】

日本文学史で、安土桃山時代江戸時代に成立した文学の総称。前期は上方、後期は江戸を中心に発達。町人階級の興隆により、写実を基調に、義理・人情・好色・粋・通・こっけいなどを主題として多種多様な文学が生まれた。→江戸文学上方文学

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんせいぶんがく【近世文学】

日本文学史において、安土桃山時代以後、徳川幕府治下の時代に行われた文学の総称。主として江戸時代の文学をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

近世文学の関連キーワードレオン・マックス ゾルブロッドH.S. ヘンネマン近世列伝体小説史日本近世文学会土井 重義近藤 忠義守随 憲治水谷 不倒滝田 貞治宗政五十緒内藤虎次郎広末 保守随憲治中世文学神田秀夫中村幸彦桑田忠親市古貞次中野三敏麻生磯次

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近世文学の関連情報