コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出版条例 しゅっぱんじょうれい

5件 の用語解説(出版条例の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出版条例
しゅっぱんじょうれい

明治前期の法令。明治政府成立まもない明治2 (1869) 年5月 13日に行政官達 444号として公布され,出版許可制,風俗取締り,政府誹謗の禁止,版権保護などを規定した。 1875年9月太政官布告により,さらに 87年 12月 (明治 20年勅令 76号) には勅令により,改正された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅっぱん‐じょうれい〔‐デウレイ〕【出版条例】

明治2年(1869)に公布された出版取り締まりの法令。事前に官憲へ届け出て許可を得ることを出版の条件とした。明治26年(1893)、出版法に引き継がれた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

出版条例【しゅっぱんじょうれい】

明治政府最初の出版取締法規(1869年)。出版の事前検閲・納本・違反者処罰などのほか出版官許制による出版権保護を規定。その後数次の改正で取締規定は強化され,讒謗(ざんぼう)律新聞紙条例とともに自由民権運動期には言論弾圧の武器となった。
→関連項目言論・出版・集会・結社等臨時取締法宮崎夢柳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出版条例
しゅっぱんじょうれい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の出版条例の言及

【禁書】より

…【弥吉 光長】 明治維新後,政府は,まず1868年(明治1)閏4月に,太政官布告によって出版統制を行い,新刊・重版とも官許を得ないものの売買を禁じた。次いで翌69年には出版条例を公布し,政府批判を禁じるなどさらに細かい取締規則を定めた。監督官庁は最初昌平学校であったが翌70年に大史局所管となり,71年大史局の廃止に伴い文部省へ移った。…

【出版法】より

…出版物の取締りは江戸時代に始まるが,明治政府は維新のさなか次々に出版統制の布告を発した。法規としての体裁がととのったのは1869年(明治2)の出版条例(行政官達)からである。この出版条例は書籍出版の官許制を定めるとともに,機密漏洩,誹謗,淫蕩の書等の出版を処罰することとした。…

【版権】より

…著作権の旧称で,1899年日本ではじめて法律に定められるまで,明治初期には版権という用語が用いられた。1875年に改正された出版条例において〈図書ヲ著作シ,又ハ外国ノ図書ヲ翻訳シテ出版スルトキハ三十年間専売ノ権ヲ与フヘシ,此専売ノ権ヲ版権ト云フ〉(2条)と版権が規定された。この条例による版権は図書の出版にあたって,版権願書を内務省に差し出した著作者ないし出版者に与えられる権利で,願出がなければ版権の保護は受けられなかった。…

※「出版条例」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone