コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮本小一 みやもと こいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮本小一 みやもと-こいち

1836-1916 明治時代の官僚。
天保(てんぽう)7年2月30日生まれ。もと幕臣で,神奈川奉行支配組頭。維新後外務省につとめ,外務大丞,外務大書記官を歴任。新政府の外交事務,外国賓客の応接にあたった。のち元老院議官,貴族院議員。大正5年10月16日死去。81歳。初名守成。通称は小一郎。名は「おかず」ともよむ。

宮本小一 みやもと-おかず

みやもと-こいち

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宮本小一

没年:大正5.10.16(1916)
生年:天保7.2.30(1836.4.15)
明治初期の外交官。名は「こいち」とも読む。静岡県出身。旧名小一郎。神奈川奉行支配組頭を勤めたが,維新後新政府に出仕し外国官御用掛,のちに外務少丞,外務大丞,外務大書記官など要職を歴任した。維新後に来日した外国貴賓の接待に当たり,また樺太境界交渉にも任じた。明治9(1876)年には黒田清隆全権に随行し,前年の江華島事件処理と修好交渉に尽力し,日朝修好条規の締結に携わった。また吹田事件(1880)の処理に当たる一方,朝鮮国通商章程取調掛にも任じられた。功労により元老院議官,のちに貴族院勅選議員となる。草創期の外交交渉に奔走した。

(森山茂徳)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android