コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宿屋の富

2件 の用語解説(宿屋の富の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

宿屋の富

古典落語の演目のひとつ。大阪のはなし。三代目柳家小さんが東京へ持ち込んだ。「高津の富」「千両富」とも。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やどやのとみ【宿屋の富】

落語。上方落語《高津(こうづ)の富》を3代柳家小さんが東京に移入した。《千両富》とも。金策に江戸へ出て来た男が,うまくいかずに馬喰町(ばくろちよう)の宿屋へ泊まり,自宅に奉公人が500人もいて,諸方の大名に2万両,3万両と貸してある,などとホラを吹くうちに虎の子の1分で富札を買わされた。千両富に当たれば,亭主に半分やると約束したが,本当に千両に当たって,おどろいて帰り,寒気がすると言って寝てしまった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宿屋の富の関連キーワード落語の東西交流上方落語の隆盛桂文枝高津宮上方咄桂文枝(5代)桂米朝(3代)桂米之助笑福亭松鶴(6代)露の五郎兵衛(2代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宿屋の富の関連情報