宿屋の富

世界大百科事典 第2版の解説

やどやのとみ【宿屋の富】

落語。上方落語《高津(こうづ)の富》を3代柳家小さんが東京に移入した。《千両富》とも。金策に江戸へ出て来た男が,うまくいかずに馬喰町(ばくろちよう)の宿屋へ泊まり,自宅に奉公人が500人もいて,諸方の大名に2万両,3万両と貸してある,などとホラを吹くうちに虎の子の1分で富札を買わされた。千両富に当たれば,亭主に半分やると約束したが,本当に千両に当たって,おどろいて帰り,寒気がすると言って寝てしまった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宿屋の富の関連情報