コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宿屋の富

デジタル大辞泉プラスの解説

宿屋の富

古典落語の演目のひとつ。大阪のはなし。三代目柳家小さんが東京へ持ち込んだ。「高津の富」「千両富」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やどやのとみ【宿屋の富】

落語。上方落語《高津(こうづ)の富》を3代柳家小さんが東京に移入した。《千両富》とも。金策に江戸へ出て来た男が,うまくいかずに馬喰町(ばくろちよう)の宿屋へ泊まり,自宅に奉公人が500人もいて,諸方の大名に2万両,3万両と貸してある,などとホラを吹くうちに虎の子の1分で富札を買わされた。千両富に当たれば,亭主に半分やると約束したが,本当に千両に当たって,おどろいて帰り,寒気がすると言って寝てしまった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

宿屋の富の関連キーワード古今亭 志ん朝(3代目)古今亭 志ん朝(2代目)柳家 小さん(5代目)古典落語

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宿屋の富の関連情報