コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寂源(1) じゃくげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寂源(1) じゃくげん

960/965-1024 平安時代中期の僧。
天徳4/康保(こうほう)2年生まれ。源雅信(まさのぶ)の子。母は藤原穆子(ぼくし)。天台宗。右近衛(うこんえの)少将在任中の寛和(かんな)2年比叡(ひえい)山にのぼり,皇慶(こうげい)について出家,顕密二教をきわめる。長和2年(1013)山城(京都府)大原に勝林院をひらいた。治安(じあん)4年3月2日死去。60/65歳。俗名は時叙(ときのぶ)。通称は大原入道少将。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

寂源(1)の関連キーワードKSI接頭語宋(中国の王朝(960~1279))ヨハネス13世バイトスキャン時の色数万寿ヨハネス19世(20世)寂源高解像度

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android