コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寂源(1) じゃくげん

1件 の用語解説(寂源(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寂源(1) じゃくげん

960/965-1024 平安時代中期の僧。
天徳4/康保(こうほう)2年生まれ。源雅信(まさのぶ)の子。母は藤原穆子(ぼくし)。天台宗。右近衛(うこんえの)少将在任中の寛和(かんな)2年比叡(ひえい)山にのぼり,皇慶(こうげい)について出家,顕密二教をきわめる。長和2年(1013)山城(京都府)大原に勝林院をひらいた。治安(じあん)4年3月2日死去。60/65歳。俗名は時叙(ときのぶ)。通称は大原入道少将。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寂源(1)の関連キーワードK寂源バイトスキャン時の色数万寿高解像度イタリア語丁朝藤原伊尹

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone