寄人・神人(読み)よりうど・じにん

百科事典マイペディアの解説

寄人・神人【よりうど・じにん】

寄人は〈よりゅうど〉とも読まれ,自分が耕作している土地の領主(国司・荘園領主)の支配下にありながら,他の公家(くげ)や寺社に所属し,二元的支配を受ける百姓をいう。平安末期から多くみられる。神人は〈じんにん〉とも読まれ,神社の下級神職や神事・雑役に従事する人々をいう。社頭の警備や強訴(ごうそ)の先鋒(せんぽう)などの任にもあたった。寄人として諸国に散在する散在神人と,本社に常勤奉仕する本社神人が存在する。
→関連項目網曳御厨方上荘祇園執行日記楠葉牧近木荘鹿田荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android